結婚相談所の問題点

結婚相手を探すには、やはり一番のおすすめは結婚相談所です。自分でいろいろ努力して最後に駆け込み寺のように結婚相談所に来る人もいます。そこには結婚相談所の費用が掛かるということなのです。結婚相談所によっても違いますが、大体1年間活動するために仲介型では30~40万円。データマッチ型で20万円程度。インターネット型は4万円程度。特定型は10~50万円と特定条件タイプなので高いものは50万円以上の場合もあります。しかしある意味、そこまで高い費用を払っても結婚したいという、結婚に前向きの人ばかりだということ。またそれだけ払える収入がある人だということも言えるのです。

しかし結婚相談所を利用する場合、費用も高いので誰でもつい高いハードルの相手を探すようになってしまうことに。つまり女性が男性の年収を1千万以上というふうに高いハードルを条件にしてしまえば、そこまで高収入でない男性はスタートラインにも立てません。逆に男性から女性に身長160㎝以上という条件を出されてしまうと、160㎝以下の女性はスタートラインに立てないということになります。どうしても書面の上での条件で選択するためこのようなデメリットです。このようなこともあるので、自分にあったタイプを選ぶことが大切なのではないでしょうか。

結婚相談所の魅力

結婚相談所を利用する場合、そのメリットはどのようなところにあるのでしょう。まず出会い系など遊び半分で出会いを求めている人や、合コンなどの数合わせで参加するなど、相手が真剣に結婚を考えていない出会いは時間の無駄。その点結婚相談所では、お互いにお金を払ってでも結婚したいという人が集まります。婚したい同士の出会いは目的が達成しやすいため、やはり結婚相談所ならではの魅力となります。

そして相手の家族構成、趣味、収入などの情報もしっかり知ることができるので、とても安心です。身元が確かだということは大きなメリットとなります。また交際を断る場合も、知り合いなどの紹介の場合はとても難しいところがありますが、結婚相談所が中に入っているので、断る場合も断られる場合も気まずくないというメリットもあります。

そして結婚相談所では第三者からのしっかりとした冷静な目で見た、経験豊かなスタッフの的確なアドバイスがもらえます。心を開いて素直に聞くことも大切です。そして自分のどうしてもこだわっている部分を大切にした相手を紹介してもらえます。しかし条件が多い場合は、なかなか適した相手がいないということにもなるので、絶対に譲れないことだけを条件にするといいでしょう。

《参照リンク》フィオーレ – 結婚相談所利用

結婚相談所について

現在の結婚事情は、昔にくらべてとても大変な状況になっています。特に団塊の世代の両親から生まれた子どもたちが現在30~40歳ぐらいになっていますが、まだまだ結婚していない人もたくさんいます。女性も働くようになり、結婚よりまず仕事重視の20代。気が付くと30歳を過ぎてしまったという人も多いのではないでしょうか。会社の上司や近所のおばさんが結婚相手を紹介してくれるという、社会全体が結婚を世話する風潮はもうありません。そこで自分で結婚相手を見つけるためには、お見合いパーティーに参加したり、婚活サイトや結婚相談所を利用する人が増えているのです。

結婚相談所は現在、ネットでほとんど紹介までできてしまうものが多く、お見合いまでテレビ電話などを使って行う場合もあります。手軽にできることも人気ですが、それ以上にさまざまなお見合いのノウハウなども相談に乗ってくれるという魅力があります。やはり結婚相談所の最大の魅力は自分にあった人を紹介してくれるということです。とはいっても自分の理想を追い求めていると、結婚相談所でもなかなか成功しないという例もたくさんあります。そのようなことにならないように、しっかり結婚相談所のスタッフはいろいろなアドバイスしてくれます。やはりいろいろなパターンを見てきているので、自分では分からない的確なアドバイスが受けられるでしょう。婚活マッチングサイトなどに比べて、本気で前向きに結婚を考えている場合はおすすめです。またいろいろなタイプの結婚相談所があるので、その辺も自分にあったところを選ぶようにしましょう。